読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オニババ化する女たち

移動時間に読んだ本のタイトルです。

三砂ちづる
「オニババ化する女たち」
   女性の身体性を取り戻す
出版社は 光文社新書
(720円+税)

この本は、女性だけでなく男性にも、お勧めです。
特にお勧めしたいのは妊娠予定の女性
妊婦さんかな。

出産を経験している沢山の先輩方にも
10代の女性にも30・40代の女性にも・・お勧めかな。
男性には、女性の身体で起こりうる体験を
理解し、最大限 一緒に味わえたら
男性にとっても人生が豊かになりそうな気がします。
タイトルから見たら、近年の負け犬系な話かと
思われそうですが、
この本を手にした理由は、ずばり
三砂女史の書いた本だからです。

三砂女史は
1958年山口県出身。京都薬科大学卒業の後
ロンドン大学 PhD(疫学)。
ロンドン大学衛生熱帯医学院研究員および
JICA疫学専門家として約15年海外で疫学研究
国際協力活動に携った後、国立公衆衛生院
で働いた後、女子大で教鞭をとっている方です。

この経歴を読み、疫学研究、しかも女性に関することをずっと
携ってきた方だったし、
JICA→公衆衛生院での仕事から
本の内容も信頼できそうだなと判断し、手にとりました。

内容は、女性の身体に関することなのですが
そうだったのか~~と思わされる事もあり
読んで大正解でした。
大正生まれの女性の身体性や心境なんて
なかなか聞けないし、
各年代の女性の話を聞く機会はあっても、
個人個人の話で、どこまでその話が
他の人にも応用できるかは個人差が
大きいのですが、疫学のバックグランドがある分
安心して読めました。


是非、たくさんの人に読んでもらいたいな~と
思いました。