銀座のとんかつ

銀座の和光裏の、あれはガス燈通りというんだったか。昔から気になりながら入りそびれていたトンカツ屋がある。店構えが銀座銀座してないのだ。三ノ輪か西浅草あたりが似合う感じ。昨夜、旧知のIさん(♂、67歳)に呼ばれて行ったのが、その店だった。あらかじめネットで検索してみると、なかなか評判がいい。
 入ると、手前にテーブル席、真ん中が座敷というか小上がりというか要するに胡坐を組んで座る席で、奥がカウンター。自分と同年輩らしい夫婦が働いている。店内も三ノ輪か西浅草の雰囲気だ。真ん中に腰を下ろした。壁に猫の絵が飾ってあり、Iさんが描いたものらしい。この人は謎の多い人で、2年の予定で中国へ行ったが先日、2か月で帰ってきたばかり。その辺の事情を聞いていると、親しくしているという自称「看板屋」のおじさんが来て加わった。さらに、ふらりと入ってきてカウンターに座った常連の女性客(推定40代)がまた顔見知りだそうで、4人になった。得体の知れない人々と飲むことには慣れているので、八海山がどんどん進む。看板屋は映画「砂の器」が好き、女性は歌舞伎通で、話が盛り上がった。

 料理は、トンカツ屋なのに刺身やカキフライから始まり、どれもなかなかうまい。が、普段は1日1食の谷中庵主人が今日は珍しく昼飯を食ったので、腹は全く減っていない。八海山に専念しているうちに記憶のなくなる時間になった。肝心のトンカツを食ったのか食わなかったのか、食ったとしたらうまかったのかどうなのか。覚えていないのは悔しい。何時ごろに解散し、どうやって帰ったかって? 覚えてたら苦労しませんて。

「・・・とは思う」問題

 “日本語の乱れ”に口やかましい爺さんたちがいますね。「言葉戦隊ミダレンジャー」とでも呼ぶべき正義の味方。谷中庵主人も例外ではなかったが、最近は「乱れるのが言葉の宿命」と達観しているところがあるので、嫌な言葉を自分では使わないが他人が使う分にはいちいち目くじらを立てないことにしている。ところで・・・。

「尻上がりイントネーション」がありますね。たとえば、優勝圏内にいる力士がインタビューに答えて「やはり、ここまで全戦全勝の横綱には及びませんよ。さすがは横綱。実力でも精神面でも自分はまだまだ。でも頑張りたいと思います」と言えばいいところを「さすがは横綱? 実力でも? 精神面でも? 自分はまだまだ」と、いちいち尻上がりに言う。耳障り。

しかし2、3年前に比べて、このイントネーションは減ったと思いませんか? ひところは「この人までも!」と嘆かされることが多かったが、今では元に戻ってきたような気がする。インフルエンザと同じで流行は防げなくても、いずれは沈静化するものなのかもしれない。

目下、猛威を振るっているのが「・・・とは思う」だ。「頑張りたいと思います」ではなく「頑張りたいとは思います」。さっきの力士がインタビューに答える場合、これは適切だといえる。いくら頑張っても横綱が好調な限り、すでに2敗している自分が優勝できる可能性は極めて少ない。まあ、ダメモトで頑張ってはみますけど・・・というニュアンスが伝わるからだ。

ところが、最近はだれもかれもが、どんな状況下にあるかに関係なく「と思う」ではなく「とは思う」を使う。「は」が付くと何が違うかというと、その後に(でも・・・)という「そうは言い切れない何か」が漂うことだ。「戦争より平和がいいとは思う」だと。じゃ「平和がいい」の後に続く(でも・・・)の中身は何か。尋ねてみるとナ~ンもありゃせんのだ。

もったいぶりの「とは」、と名づけた。「と思う」と言い切らずに「とは思う」と言った方が、何か実際の自分以上に重みがあって奥深い人物に見てもらえそうだという魂胆が透けて見える。「ある意味では・・・」と同じ。浅ましい。しかし、これまた「この人までも!」と嘆かされることが多い。このインフルエンザには早く去ってほしい。とは思う(のだが・・・当分は蔓延するでしょうね)。

靴が欲しい!!

オシャレは足元から

まさに、その通りですよね。屋内の子供広場などで、ぱぱっ!!と靴を脱ぐ事が多くなり、感じました。
あまり細かいお手入れをしない性格なので、靴の中敷の汚い事・・・!! かなり恥ずかしい!
もし、私が他人の靴でそんな状態を目の当たりにしたら、どんにオシャレしていても印象悪いです。

 今日は、新しい靴を求めて、ウロウロ・・・。昨日久々に履いた靴を今日も履いたのですが、なんだか汚い。
なぜ?!・・・・・ よく見ると、甲部分のくせがついたところがひび割れていて、更に表面全体がポロポロと剥がれていました。まるで、保湿を怠った冬の肌のように、ガサガサ。 

 よく考えたら、どれもこれもOL時代に買ったものばかり。ということは、最低でも6年以上前のもの。(しかも安物)
妊娠してからはご無沙汰だったものも多いです。 これじゃ、手入れもしてないはずだし、痛んで当然。

 結局、新しい靴は見つかりませんでしたが、痛んだ靴を2足処分しました。 ひとつは去年買ったもので、少し心残りもありましたが、間近で見られたら恥ずかしい状態だったので、思い切りました。 お陰で、だいぶ気分が晴れたので、いいものに出会えたときは即ゲットできますように・・・。日刊玉ちゃん

あなたの意思?会社の狙い?

電車で見かけた女性で
年の頃 40代?身なりも綺麗にし
ごく普通の会社員風なのに
ジャケットには
「ダイエットの事なら、私におたずねください」という
バッジをつけ、持っているバックには
外からも見えるビニール面に減量成功例の
画像写真をbefore → after で示し
涼やかな顔で座っていました。

私も最初は読み物をしていたので
全く気づかなかったのですが
ふとした拍子に、目の前に座っていた女性の
様子に、釘付けになってしまいました。

確かに、ただ電車にのっているだけなら
誰が何をしている人か、なんてわからないから
自分が何者かをアピールするのは
手っ取り早いけど、その女性自身に
興味を持ってしまいました。

この人は自分の意志で、(たとえば、フリーで働いていて
仕事のチャンスを増やす為に、自ら作戦たてて
このスタイルなのか?
それとも、会社の営業活動なのか??
不思議でたまりませんでした。
目の前に座っている人だったので
何度 尋ねようかと思いました。


自らのアイデアで、やっているのであれば
とても見習うことなのかもしれないと・・。
(ここまで努力して、仕事をつかむ人もいるんだ・・と。)
でも、営業としてなら、この会社に勤めたくないかもと
思ってしまいました。

その女性は周りに違和感なく、溶け込んでいたので
気にかけている様子なのは私くらいでしたが
とてもインパクトのある出会いをしていまいました。

でも、見かけたのは初めてではないかも・・・。

御褒美チョコ

もうすぐバレンタインですね~。

今は、各国のショコラティエが沢山上陸し
また、冷蔵技術が発達し、空輸が出来るので
美味しいチョコレートが手に入るようになり
高級チョコレートが賑わっていますよね。

義理でもないのに女性が沢山購入する背景に
日頃頑張っている自分への御褒美チョコとして
購入していくようです。

確かに、「ピエール・マルコリーニ」「デルレイ
「リシャール」は美味しいと思う♪
これは自分御褒美に買ってもいいかもと
思ってしまった。

1粒300円~・・・御褒美に数千円は
安くて美味しくて幸せで・・
お手軽で良いのかもしれません。

オニババ化する女たち

移動時間に読んだ本のタイトルです。

三砂ちづる
「オニババ化する女たち」
   女性の身体性を取り戻す
出版社は 光文社新書
(720円+税)

この本は、女性だけでなく男性にも、お勧めです。
特にお勧めしたいのは妊娠予定の女性
妊婦さんかな。

出産を経験している沢山の先輩方にも
10代の女性にも30・40代の女性にも・・お勧めかな。
男性には、女性の身体で起こりうる体験を
理解し、最大限 一緒に味わえたら
男性にとっても人生が豊かになりそうな気がします。
タイトルから見たら、近年の負け犬系な話かと
思われそうですが、
この本を手にした理由は、ずばり
三砂女史の書いた本だからです。

三砂女史は
1958年山口県出身。京都薬科大学卒業の後
ロンドン大学 PhD(疫学)。
ロンドン大学衛生熱帯医学院研究員および
JICA疫学専門家として約15年海外で疫学研究
国際協力活動に携った後、国立公衆衛生院
で働いた後、女子大で教鞭をとっている方です。

この経歴を読み、疫学研究、しかも女性に関することをずっと
携ってきた方だったし、
JICA→公衆衛生院での仕事から
本の内容も信頼できそうだなと判断し、手にとりました。

内容は、女性の身体に関することなのですが
そうだったのか~~と思わされる事もあり
読んで大正解でした。
大正生まれの女性の身体性や心境なんて
なかなか聞けないし、
各年代の女性の話を聞く機会はあっても、
個人個人の話で、どこまでその話が
他の人にも応用できるかは個人差が
大きいのですが、疫学のバックグランドがある分
安心して読めました。


是非、たくさんの人に読んでもらいたいな~と
思いました。

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人」観てきました。
これは劇場でみなくては・・と思ってね。

音楽はやはり生音の方が断然良いと
思ったのですが、映画の良さは
劇場では見えない細かい描写が
見れたというところかな。

映画版では、ミュージカルでこんなに
活躍しなかったよね~という脇役が
ストーリーテナーとなっていたり・・・・

私個人としては、「サラ・ブライトマン」という
シンガーが好きなのですが、彼女の夫が
オペラ座の怪人」の作曲者で、
サラ・ブライトマンが最初の主演をした。つまり
オペラ座の怪人サラ・ブライトマン
歌わせる為に、彼女がいなかったら、
生まれなかったかもしれないミュージカル』
というエピソードを聞き、
その背景を思いつつ、映画を見てしまいました。

時間にして、2時間と少しがあっという間でした。

話題のスワロスキーシャンデリアの落下シーンは
皆、「数億円が~~」と思ったらしいし・・・。

そして、今回のクリスティーナは撮影当時17歳。
原作イメージどうりなのか、とってもcuteでした。

どうせ観るなら、劇場で観た方が良い映画だと
思いました。
音楽的には、劇場に足を運び、生オーケストラで
聞く方が、やはり良いと思います。ぶらぶら一人暮らし